会社情報

沿革

大正 7年 金沢市堀川町に「日本あられ株式会社」を設立。
大正14年 社名を「北陸製菓株式会社」に変更。
昭和16年 大阪陸軍糧秣監督工場に指定。カンパンの製造を開始。食糧公団の登録工場に指定。乳幼児食ビスケットの生産と配給パン、学童パンの生産を開始。
昭和28年 オートメーション電熱運行釜を導入。
昭和34年 石川県美川町湊に米菓工場を建設。
昭和36年 カットパンの生産に着手、それに伴う醗酵設備を導入。全国各県に優良特約店を設置。
昭和39年 函館の北大製菓株式会社に資本及び技術を投入し、「北海道製菓株式会社」を設立発足。
昭和42年 現在地押野町に新工場完成。バンドオープン機械、自動計量器、自動包装機械等多数を導入し、カンパン、ビスケット、クッキー等の増産体制を整える。
昭和50年 オーブンバンド機、高速クリームサンド機を増設。
昭和60年 自動包装機械を購入。
昭和63年 コンピュータースケール機、ピロー包装機を増設。
平成 5年 高速縦型ピロー包装機増設。
平成 8年 海鮮せんべい工場新設。
平成 9年 北陸製菓直営店「金沢彩匠」オープン
平成14年 カートニングマシーンを増設。
平成15年 自動包装ラインを増設。カンパン真空ラインを増設。ISO9001を認証取得。
平成20年 有限会社ホッカ販売を設立。
平成23年 ビスケットラインHACCP認証取得。